FXGTの原油と天然ガスはどう?レバレッジ100倍が強すぎる

「FXGTの原油と天然ガス取引はどうなの?」

「原油取引って稼げるの?」

「FXGTでエネルギー取引をする利点は?」

などの様な疑問を抱えている方は非常に多く、事実FX取引をしていても、エネルギー取引のことがいまいち分からず、取引に一歩踏み出せない方も数多くいるのではないでしょうか。

結論から言うと、FXGTで原油取引することはおすすめできます。

この記事では、利点の多いFXGTでのエネルギー取引について詳しく解説していきます。

ところで原油や天然ガスなどがどのようなものなのかご存知でしょうか。

Wikipediaではこのように書かれています。

原油とは? wikipedia参照

原油(げんゆ)は油田から採掘したままの状態で、精製されていない石油をいう。 埋蔵状態としては、油田(地下)、オイルシェール(地下の頁岩に含まれる。)、オイルサンド、レークアスファルト等がある。 特に2000年代になってタイトオイル (一般にシェールオイルと呼ばれる) を水圧破砕法で取り出す技術がアメリカで開発され、「シェール革命」と言われるほどの産出量になっている。

天然ガスとは? wikipedia参照

天然ガスてんねんガスとは、天然に産する化石燃料としての炭化水素ガスのことである。メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含む。現代では、エネルギー源や化学品原料等として広く使われる。

広義には、地下に存在するガス、または地下から地表に噴出するガス一般を指す。この中にはマグマを原料とする火山ガスや化石燃料ガス(可燃性ガス)だけでなく、窒素や酸素、炭酸ガス、水蒸気、硫化水素ガス、亜硫酸ガス、硫黄酸化物ガスなどの不燃性ガスも含まれる。これら不燃性ガスの多くは火山性ガスである。

原油は、簡単に言えば採掘してから何も手を加えていない状態の石油のことです。

そして天然ガスは、地下等から天然で発生しているガスのことです。

このような原油や天然ガスなどは、その価値が変動することにより、エネルギー資源として取引を行うことが出来ます。

エネルギー資源の取引は、ボラティリティも高く、少々専門的な知識も必要な為、初心者から手を出しにくい商品ですが、逆に知識を得られればボラティリティが高い分大きく利益につながります。

この記事でしっかり理解し、大きなチャンスをつかみましょう。

FXGTの原油・天然ガス取引条件

FXGTの原油と天然ガス

WTI原油ブレント原油天然ガス
最小取引サイズ
(Pips)
111
ロット単位
(1ロットサイズ)
100barrels100barrels1000mmbtu
最小取引ロット0.01ロット0,01ロット0,01ロット
最大取引ロット100ロット100ロット100ロット
最小スプレッド
(Pips)
5Pips5Pips3Pips
利益と損失
(Pips)
2200Pips2200Pips12800Pips
BUYスワップレート
(平均ポイント)
-2.44-2.32-4.89
SELLスワップレート
(平均ポイント)
-1.03-1.05-1.44
取引可能時間
(日本時間)
平日
08:05~06:55
平日
10:05~06:55
平日
08:05~06:45
取引手数料無料無料無料

FXGTの原油取引は、取引ボリュームによってレバレッジが異なります。

  • 0~200,000ドル【100倍】
  • 200,001~1,000,000ドル【50倍】
  • 1,000,001~5,000,000ドル【30倍】
  • 5,000,001~7,000,000ドル【20倍
  • 7,000,001~2,000,000ドル【10倍】

と異なりますので、取引ボリュームとレバレッジを確認したうえで取引を行うようにしましょう。

※FXGTの特徴として、取引口座が分かれないという点があります。

FX取引、エネルギー取引、金・銀等の取引の際も口座タイプは1種類だけ。

しかもレバレッジに関しては、口座ごとに設定する必要はなく、さらにレバレッジもマイページ、口座情報から簡単に変更出来るため、リスク管理がしやすいです。

さらに、FXGTの原油は他社に比べてスプレッドが小さいです。

[スプレッド別FX会社比較]
FX業者名原油の平均スプレッド
FXGT3.0
XM5.0
AXIORY4.0
DeaIFX5.0
GEMFOREX5.0

FXGTでの原油取引はスプレッドが狭いことも特徴の1つ。

スプレッドが狭く、さらに原油はボラティリティも高いため、スキャルピングトレードなどに非常に向いている銘柄と言えるでしょう。

FXGTでは原油が2種類、天然ガスが1種類取引できる

FXGTの原油と天然ガス

FXGTでは、取引できる原油が2種

✔ WTI原油(USOIL)

✔ ブレント原油(UKOIL)

があり、天然ガスは1種

✔ 天然ガス(NGAS)

があります。

それぞれの特徴についてまずは見ていきましょう。

【FXGT】 WTI原油(USOIL)とは

WTI原油とは、米国テキサス州沿岸部の油田で産出される原油の総称です。West Texas Intermediate(ウエスト・テキサス・インターミディエイト)の略称です。

エネルギー商品の中では最もポピュラーな銘柄で、世界でも最も取引量の多い銘柄がこのWTI原油です。

取引量も多いですが、エネルギー商品という事もアリ、ボラティリティも高く、スキャルピングも行いやすいと言えます。

現在上昇傾向にあるWTI原油ですが、21年下記に下落が予想されています。

→フィッチレーティングス参照

【FXGT】 ブレント原油(UKOIL)とは

ブレント原油とは別名「北海ブレント原油」とも呼ばれる世界3大原油の1つです。

イギリスの北海ブレント油田から主に採れるためブレント原油といいます。

WTI原油と並ぶ有名な原油価格指標ですが、WTI原油と同じくボラティリティが高い事が特徴の原油。

ブレンド原油もスキャルピングに向いている銘柄です。

そして、ブレント原油の特徴として、WTI原油よりも高価格になりがちということ。

ブレント相場は中東情勢などの影響から在庫を抱えにくく希少価値が高いです。

原油は世界情勢に左右されやすい傾向にある為、コロナショック等にも大きく影響しました。

世界情勢に関するニュースは細かくチェックするようにしましょう。

※ブレンド原油は現在(2021年4月)上昇傾向にありますが、2021年はさらに上昇すると予想されています。

FXGTで取引できるNGASとは?

FXGTで取引出来るNGASとは、天然ガス銘柄です。

天然ガスは年々消費が拡大していることから、これからもさら消費増加傾向にあるとされています。

『天然ガスが消費増加傾向にある理由』

・原油や石炭と比較して二酸化炭素排出量が少ない

・埋蔵地域に偏りがなく、世界各地に広く存在

NGAS銘柄は、原油よりもさらにボラティリティが高い事が特徴で、短期間で価格が5倍になったり、反対に5/1の価格になったりと、変動幅が非常に大きいです。

FXGTではスプレッドも原油よりも小さいことから、NGASはスキャルピングに非常に適した銘柄ですが、ボラティリティがとてつもなく高いことから、しっかりと相場分析、世界情勢等を確認したうえで取引を行う必要があります。

FXGTの原油・天然ガス取引とFXの違い

FXGTの原油と天然ガス

FXを行っていてもエネルギー商品には手を出したことのない方は多いのではないでしょうか。

その大きな理由はエネルギー商品の事を知らないという事だと思われます。

実際にFXとエネルギー商品の違いを理解することで、エネルギー取引をより行いやすくなるでしょう。

それぞれの異なる点について大きく3つ解説します。

取引時間

まず初めに上げられるポイントは『取引時間』です。

FXは基本平日24時間取引が可能ですが、WTI原油取引は日本時間で平日08:05~06:55まで(06:55~08:04までは取引き停止、土日は休場)となっています。

ブレント原油は平日10:05~06:55まで(06:55~10:04までは取引停止、土日は休場)で、天然ガスは日本時間平日08:05~06:45まで(06:45~08:04までは取引停止、土日は休場)となっています。

ボラティリティが高い

FXと比べ、原油はボラティリティが高い為、スキャルピングで大きな利益を狙いやすいです。

リターンが大きい分リスクも大きくなる為、資金管理をしっかりと行わなければなりませんが、利益を出すチャンスが多いというのは非常に大きなメリットです。

さらに原油よりもボラティリティが高いのが天然ガスです。

先ほどの解説でもありましたが、短時間で価格が数倍に跳ね上がったり、逆に下落したりととてつもなく大きな値動きがある為、ある意味一攫千金が狙える商品だと言えます。

証拠金が異なる

原油、天然ガスは、FXとは証拠金が異なります。

FXは取引ボリュームに対しての証拠金の変動はありませんが、原油や天然ガスは取引ボリュームによって証拠金が異なるので注意が必要です。

さらに、市場が閉まっている場合の必要証拠金が開いている時よりも多く必要となる為、余力資金は少々多く必要となるでしょう。

FXGTで原油・天然ガスを取引するメリット・デメリット

FXGTの原油と天然ガス

エネルギー商品は、FXGT以外の業者でも取引が出来ますが、ここでは、『FXGT』ならではのメリットとデメリットを解説します。

メリット1:取引期限がない

FXGTでは取引期限がありません。

通常、原油や天然ガス取引には、通常は取引期限(満期)があります。

つまり¥保有しているポジションが、定められた期限で勝手に決済されてしまうというものです。

取引期限があると、その期限内に何としてもプラス収支で終わらせなければならないプレッシャーがありますが、FXGTではこの取引期限がありません。

どれだけポジションを保有していても自動決済されることはない為、含み益のタイミングを待って決済する事がでます。

相場は常に上下に動いていますので、どこかのタイミングで必ず含み益になります。

取引期限が無いという事は、そのタイミングをどれだけでも待っていられる、つまり非常に負けにくくなるという事です。

※大手のXMやiFOREXでも取引期限があるが、FXGTにはないという事は大きなメリットです。

メリット2:ゼロカットで追証なし

証拠金を追加することを追証と言います。

通常FXの世界ではレバレッジをかけたトレードとなるため、証拠金がマイナスになる可能性がありますよね。

ただFXGTではゼロカットというシステムがあり、この追証分のマイナスをFX業者が肩代わりしてくれるのです。

つまり追証が発生しないという事。

原油や天然ガスはボラティリティも高い為、追証が発生するリスクを考えると、ゼロカットは非常に助かるシステムとなります。

メリット3:原油・天然ガスの専用口座を作る必要がない

FXGTは、口座タイプが1つな為、取引商品に応じた複数の口座を作る必要がありません。

いくつも口座がある場合は、その都度資金を移動したり、口座をいちいち追加したりしなければならない手間が掛かりますが、1つの口座タイプであれば、設定も資金管理も非常に楽になります。

デメリット1:ボラティリティが高い

メリットも非常に多いですが、反対にデメリットの要素も多いのがボラティリティが高いという事です。

短時間で稼げるという事は、短時間に損が増えるという事でもあります。

知識を身に付ければ、全くデメリットと感じるものではありませんが、リスクが高いという事は覚えておきましょう。

※ボラティリティが高く損失が膨らむリスクはありますが、FXGTでは追証がない為、入金した資金以上の損失が発生する事はないので安心です。

デメリット2:世界情勢に敏感

原油や天然ガスの分析はテクニカル分析よりもファンダメンタルズ分析が有効です。

世界情勢に左右されやすいということから、チャート画面でいくら分析しても、1度のニュースでひっくりかえってしまうほど世界情勢に敏感です。

常日頃からニュースをチェックしなければならない商品です。

FXGTの原油・天然ガスについてよくある質問

FXGTの原油と天然ガス

原油、天然ガス取引についてよくある質問を紹介します。

原油の取引単位は?

原油の取引単位は『バレル/barrels』と言う体積を表す単位で、訳すと樽という意味です。

1バレルは約159リットルで、先物取引となりますので、実際に原油を購入しているわけではありません。

※エネルギー取引には先物取引と現物取引があり、レバレッジがきく差金決済の場合は先物取引となります。

天然ガスの取引単位は?

天然ガスの取引単位は英国熱量単位『BTU』という熱量です。

基本的に1mmBTU単位で取引されています。(FXGTでもmmBTUです。)

こちらも原油と同様先物取引となりますので、実際に天然ガスを購入しているわけではありません。

原油の価格が変動する理由

原油は需要と供給のバランスによって価格が変動します。

生産状況や、OPECと言われる石油輸出国機構などの加盟国内での需給調整、非PECD諸国(経済協力開発機構)の原油などの消費量、米国の原油在庫状況、原油先物市場の投資家達の建玉状況、エネルギー競争などによる地球環境問題など、

様々な要因が関係してきますが、いずれも世界的ニュースとして情報が簡単に確認出来ます。

FXGTの原油・天然ガスまとめ

FXGTの原油と天然ガス

FXGTの原油・天然ガスがどのようなものなのか、FXとの違いはどういった部分なのかを詳しく解説してきました。

取引銘柄の豊富さ、取引期限が無いことや、スプレッドの小ささなどを他社と比較すると、原油や天然ガスを取引する場合はFXGTが最適な選択と言えるでしょう。

今後原油や天然ガスを取引する際には、是非FXGTで取引することをオススメします。

>FXGTは「ブローカー向け損害賠償責任保険」に加入しています。

FXGTは「ブローカー向け損害賠償責任保険」に加入しています。

FXGTは、最大1,000,000ユーロ(1億1600万円)を補償するFXブローカー向け賠償責任保険に加入しています。海外FXに不安を抱いている方でも安心して利用できるような取引環境がFXGTの魅力です。


【現在開催中のキャンペーン】
・初回入金80%&2回目入金50%ボーナス
・4銘柄キャッシュバックボーナス