FXGTのスプレッドはどう?全132銘柄一覧と手数料比較

実際にFXGTのリアル口座を使っている私が、FXGTの全132名柄について解説します。

おすすめの通貨ペアや注意しておきたい通貨ペアなど、FXGTにまつわるあらゆる情報をまとめました。

それではみていきましょう。

FXGTの全132種類取引銘柄 総まとめ

FXGTのスプレッド

FXGTでは2021年2月時点で132種類の取引銘柄があります。

132にも及ぶ銘柄名をすべて書き出しました。

・通貨ペア 50種類
・株式 56種類
・株式指数 8種類
・ゴールド取引 2種類
・原油取引 3種類
・仮想通貨 13種類

通貨ペア:50種類

AUD/CADAUD/CHFAUD/JPYAUD/NZDAUD/USD
CAD/CHFCAD/JPYCAH/JPYEUR/AUDEUR/CAD
EUR/CHFEUR/CZKEUR/DKKEUR/GBPEUR/HUF
EUR/JPYEUR/NOKEUR/USDGBP/AUDGBP/CAD
GBP/CHFGBP/JPYGBP/NZDGBP/SEKGBP/USD
NZD/CADNZD/CHFNZD/JPYNZD/USDUSD/CAD
USD/CHFUSD/CNHUSD/CZKUSD/DKKUSD/HKD
USD/HUFUSD/RUBUSD/SEKUSD/SGDUSD/TRY
USD/ZARUSD/JPYUSD/MXNUSD/NOKUSD/PLN
TRY/JPNEUR/NZDEUR/PLNEUR/SEKEUR/TRY

FXGTでは米ドルと日本円、米ドルとユーロ、ユーロと日本円などメジャー通貨の他にTRY(トルコリラ)やRUB(ロシアルーブル)などマイナー通貨なども扱っています。

HKD(香港ドル)は中国との関係次第で大きく為替状況が変わると思うので、ハイリスク・ハイリターンの面白い銘柄です。

株式:56種類

アメリカン・インターナショナル・グループアップルアマゾンアメリカン・エキスプレスアリバババンク・オブ・アメリカ
ベッド・バス・アンド・ビヨンド百度ブリティッシュ・ペトロリアムブラックストーンシティグループキャタピラー
コストコ・ホールセンターシスコシェブロンデルタ航空ウォルト・ディズニーデボン・エネルギー
エレクトロニック・アーツeBayフォード・モニターFacebookファースト・ソーラーゼネラル・エレクトリック
ゼネラルモーターズアルファベットギャップヒューレット・パッカードインテルジョンソン・エンド・ジョンソン
JPモルガン・チェースコカ・コーラリフトマクドナルドメルク・アンド・カンパニーモルガン・スタンレー
マイクロソフトネットフリックスナイキエヌビディアオラクルファイザー
PayPalスターバックスSNAPAT&Tテスラウェールズ・ファーゴ
ウォルマートインテルエクソンモービルヤンデックスオラクルツイッター
Visaボーダフォン

FXGTでは海外FXの中では珍しく、株式も豊富に揃えています。テスラやAmazon、Googleなどアメリカの注目株が買えるのはかなりありがたいですよね。

また中国の株式銘柄を取引できることもFXGTのメリット。中国のGoogle、百度(バイドゥ)や株価が上昇しているアリババも注目の銘柄で、取引できるFX業者は多くありません。

株式指数:8種類

AUS200FRA40GER30JP225
UK100US100US30US500

FXGTでは、アメリカの株式指数をはじめ、日本やドイツ、オーストラリアなどの株式指数に関するFX取引が可能です。

株式指数、ゴールド、原油は他のFX業者でも取引できますが、後に紹介するスプレッドのことを考えるとFXGTで取引するメリットはあります。

ゴールド取引:2種類

XAUUSDXAGUSD

現在FXGTでは貴金属の取引も可能です。2021年時点では、金と銀のFX取引ができます。

原油(エネルギー)取引:3種類

NGASUSOILUKOIL

銘柄としては多くはありませんが、トレード時に必要な情報を得られやすい銘柄が多いため、簡単にトレードできます。

仮想通貨:13種類

BTC/USDBTC/JPYXRP/USDXRP/JPNLTC/BTC
XRP/BTCETH/BTCBCH/JPNETH/USDETH/JPN
LTC/USDLTC/JPNBCH/USD

FXGTではビットコインと米ドル、ビットコインと日本円などの他、ビットコインとリップルやイーサリアムとビットコインなど、仮想通貨のペアでの取引も可能です。

「仮想通貨FXなら、絶対にFXGT!」

と言われるほど、FXGTの取引環境は優れています。銘柄の紹介は以上になりますが、各取引銘柄のスプレッドとレバレッジも気になる方が多いのではないでしょうか。

FXGT全132種類のスプレッド

FXGTのスプレッド

それぞれのスプレッドを記載しておきます。

(FXGTは変動スプレッド制のため、変動するのでご参考までに)

※2021年2月15日現在のスプレッドになります。

通貨ペア:50種類のスプレッド

通貨ペア平均スプレッド
AUD/USD1.8pips
EUR/CHF2.5pips
EUR/GBP1.9pips
EUR/USD1.6pips
GBP/USD2.2pips
NZD/USD2.7pips
USD/CAD2.3pips
USD/CHF2.2pips
USD/JPY1.6pips
AUD/CAD2.8pips
AUD/CHF2.9pips
AUD/JPY3.0pips
AUD/NZD3.6pips
CAD/CHF3.3pips
CAD/JPY3.0pips
CHF/JPY2.9pips
EUR/AUD3.2pips
EUR/CAD3.3pips
EUR/JPY2.2pips
EUR/NZD4.5pips
GBP/AUD4.0pips
GBP/CAD5.3pips
GBP/CHF4.0pips
GBP/JPY3.5pips
GBP/NZD6.2pips
NZD/CAD4.0pips
NZD/CHF3.8pips
NZD/JPY3.0pips
EUR/DKK2.7pips
EUR/HUF35.9pips
EUR/NOK6.5pips
EUR/PLN5.0pips
EUR/SEK5.3pips
EUR/TRY75.5pips
USD/CNH3.5pips
USD/CZK16.5pips
USD/DKK33.8pips
USD/HKD2.8pips
USD/HUF25.0pips
USD/MXN11.0pips
USD/NOK5.6pips
USD/PLN3.6pips
USD/RUB42.0pips
USD/SEK5.0pips
USD/SGD2.1pips
USD/TRY7.4pips
USD/ZAR13.0pips
TRY/JPY17.0pips

主要海外FX業者(FXGT、XM、is6com、GemForex)の中でトルコリラ円を扱っているのはFXGTだけです。しかも、スプレッドが狭いのでスキャルピング取引もしやすいです。

株式:56種類のスプレッド

アップル2.1pips
アメリカン・インターナショナル・グループ3.2pips
アマゾン8.9pips
アメリカン・エキスプレス3.1pips
アリババ5.8pips
バンク・オブ・アメリカ1.5pips
ベッド・バス・アンド・ビヨンド0.8pips
百度4.9pips
ブリティッシュ・ペトロリアム0.5pips
ブラックストーン0.5pips
シティグループ2.8pips
キャタピラー3.9pips
コストコ・ホールセンター1.6pips
シスコ1.6pips
シェブロン1.9pips
デルタ航空1.6pips
ウォルト・ディズニー3.9pips
デボン・エネルギー0.9pips
エレクトリック・アーツ3.5pips
eBay1.5pips
フォード・モニター1.7pips
Facebook2.9pips
ゼネラルモーターズ2.5pips
ゼネラル・エレクトリック2.8pips
アルファベット14.0pips
ギャップ1.9pips
ヒューレット・パッカード1.4pips
インテル2.1pips
ジョンソン・エンド・ジョンソン2.4pips
JPモルガン・チェース2.6pips
コカ・コーラ2.6pips
リフト2.7pips
マクドナルド4.2pips
メルク・アンド・カンパニー2.9pips
モルガン・スタンレー2.6pips
マイクロソフト2.4pips
ネットフリックス4.3pips
ナイキ2.4pips
エヌビディア3.5pips
オラクル2.6pips
ファイザー2.6pips
PayPal3.8pips
スターバックス2.9pips
スナップ5.6pips
AT&T2.8pips
テスラ7.9pips
ツイッター2.5pips
Visa1.5pips
VOD0.8pips
ウェルズ・ファーゴ2.8pips
ウォルマート3.4pips
エクソンモービル3.8pips
ヤンデックス3.2pips

株式のスプレッドも他社と比べると狭いものばかり。株価が上昇している企業ばかりなので、今すぐにでも取引しても良いでしょう。

株式指数:8種類のスプレッド

US3028.0pips
US10030.0pips
US5009.0pips
JP22512.0pips
GER3030.0pips
UK10030.0pips
FRA4030.0pips
AUD20040.0pips

株式指数はダウと日経225はFXGTの方が有利にトレードできます。日本国内で取引される株式指数はダウと日経225が占めているため、該当2銘柄しか取引していない人は、FXGTで取引するのがおすすめです。

ゴールド取引:2種類のスプレッド

XAUUSD3,0pips
XAGUSD0.3pips

原油(エネルギー)取引:3種類のスプレッド

NGAS0.3pips
USOIL0.5pips
UKOIL0.5pips

仮想通貨:13種類のスプレッド

BTCUSD1.75
BTCJPY210
ETHUSD0.08
ETHJPY9
XRPUSD0.00071
XRPJPY0.079
LTCUSD0.095
LTCJPY9
BCHUSD0.24
BCHJPY25
XRPBTC0.00000007
ETHBTC0.000006
LTCBTC0.000007

FXGTの仮想通貨のスプレッドは世界一狭いため、取引コストは圧倒的に有利です。

仮想通貨のレバレッジ取引(ビットコインFX)をするなら間違いなくFXGTが一番おすすめです。

最高レバレッジは500倍【仮想通貨のレバ500倍はすごすぎる】

FXGTのスプレッド

FXGTの最高レバレッジは500倍

海外取引所では50〜100倍が一般なので、かなりハイレバレッジであることがわかりますよね。

ただし、500倍のレバレッジが利用できるのは為替通貨と仮想通貨のみとなってます。

それ以外の銘柄は100倍が最高レバレッジとなっています。

銘柄最大レバレッジ最小レバレッジ
為替通過500倍20倍
仮想通貨500倍20倍
株式指数100倍10倍
ゴールド取引100倍10倍
原油(エネルギー)取引100倍10倍
株式100倍10倍

どこのFX業者を見渡しても、仮想通貨のレバレッジ500倍はFXGTしかできません。

実際FXGTユーザーもFXGTのレバレッジとスプレッドは大変好評です。

FXGTと他のFX業者の取引銘柄数の比較

FXGTのスプレッド

FXGTの取引銘柄数132というのは他のFX業者と比べてどうなのでしょう?

主要海外FX業者10社の取り扱い銘柄数をまとめたものです。

iForexがダントツ1位なのでiForex抜きのグラフを作ってみました。

このグラフで比較するとFXGTはiForexとHotforexに次ぐ3位と全体としてかなり上位につけており、為替通貨ペアは平均的なレベルです。

スプレッドとレバレッジのことも考慮すると、FXGTが人気である理由は必然のようですね。

FXGTで取引するならこの銘柄・通貨ペアがおすすめ

FXGTのスプレッド

おすすめ通貨ペア①

ユーロドル(EURUSD)の特徴
ユーロドル(EUR/USD

ユーロドルは、世界で最も取引量が多い通貨ペアです。

ユーロドルは、他の通貨ペアと比べて、一度トレンドが発生すると比較的その方向に動くやすいといった特徴があります。その他、ユーロドルは、欧州や米国の金融政策や経済動向に左右されます。

最近ですと、2017年から2018年は、ECBの金融政策から出口への動きが意識され、ユーロ高のトレンド(ユーロドルの上昇トレンド)が発生しました。

ユーロドル(EUR/USD)の特徴

  • 取引量は世界第一位
  • アジア時間は緩慢な値動きであるが、欧州時間にかけ値動きが激しくなる
  • 比較的トレンドが続く傾向にある
  • ユーロ圏と米国の金融政策や経済動向に影響される

近頃1番投資家が注目している銘柄で、初心者でも取引しやすいです。

おすすめ通貨ペア②

 ポンドドル(GBP/USD )

ポンドドル(GBPUSD)の特徴

ポンドドルは、世界第三位の取引量を持つ通貨ペアです。

ドル円、ユーロドルと比べて更に値動きが激しく、1日100pips以上動くことも普通だと思ってください。

値動きが激しいのでチャンスも多いのですが、しっかりとリスク管理を徹底したトレードを実施しないと、大きな損失を被ってしまいます。

また、ポンドドルは、英国と米国だけでなく、ユーロ圏の金融政策や経済動向の景況も受けます。

一例ですが、「ユーロ圏の景気が減速」すると、ユーロ売りに加えて同じ欧州通貨であるポンドも売られることがあります。他の通貨よりファンダメンタルズの守備範囲は広がると考えていいでしょう。

ポンドドル(GBP/USD)の特徴

  • 取引量は世界第三位
  • アジア時間は緩慢な値動きであるが、欧州時間にかけ値動きが激しくなる
  • ユーロドルよりも更に値動きが激しい
  • 英国と米国の金融政策や経済動向に影響される
  • ユーロ圏の金融政策や経済動向の影響を間接的に受ける

政治や経済の事情が大きく関わるポンドドル。チャートは読めない人でも、ニュースを見ていればチャンスはある銘柄です。

注意したい通貨ペア①

ドル円(USD/JPY)

ドル円(USDJPY)の特徴

ドル円は世界第二位の取引シェアを誇る通貨ペアです。

ユーロやポンドなどの欧州通貨と比べて、値動きが緩やかであるといった点が特徴です。

また、リスクオンになれば円安、逆にリスクオフになれば円高になるといった特徴もあります。

ドル円(USD/JPY)の特徴

  • 取引量は世界第二位
  • 他の欧州通貨(ユーロやポンドなど)と比べて値動きが緩慢
  • アジア時間だけでなく、欧州時間や米国時間にも活発に売買される
  • 日米の金融政策の動向や経済動向に影響される
  • リスクオンになると円安へ、リスクオフになると円高へ推移

ここ最近は値動きが静かで、動きが読みにくいです。どう動くかがはっきりしていない状況が数年続くと言われているので、取引はあまりおすすめできません。

注意したい通貨ペア②

豪ドル/米ドル(AUD/USD)

豪ドル/米ドル(AUDUSD)の特徴

豪ドルは、ポンドドルに次いで第四位の取引量を持つ通貨ペアです。

豪ドルの特徴は、オーストラリアの景気や金融政策の影響を受けるのはもちろんですが、それ以外も原油などといったコスモディティ価格の影響や、石油消費大国である中国の景気動向の影響を受けることです。

オーストリアは資源大国なので、例えば、原油価格が下がると、オーストリアの景気加速が懸念されるので、豪ドル安になりますよね。

加えて、中国のような消費大国の景気が減速した場合も、オーストラリアの景気後退の懸念が浮上しますので、豪ドル安になります。

豪ドル/米ドル(AUD/USD)

  • 世界第四位の取引量
  • オーストラリアは資源国であり、石油価格や中国など消費大国の経済の影響を受けやすい

他国の影響を受けやすい豪ドル。年々、豪ドル/米ドル(AUD/USD)は値動きが静かになっているので今は取引チャンスは少ないと見られます。

まとめ

FXGTのスプレッド

いかかでしたでしょうか?

株価指数CFD、貴金属・エネルギー、株式CFDを最大レバレッジ100倍でトレードできるため、資金効率を高められます。また、アメリカ大手企業の外国株式銘柄も豊富に用意されているのがFXGTの大きな魅力です。

FXGTの各商品ごとのスプレッドを他業者と比べると、比較的狭いことが分かりました。ただ、銘柄によってFXGT以外の業者の方が有利なものがあるのも事実です。

そのため、スプレッドがなるべく狭いFX・仮想通貨業者で取引する場合、自分がどの銘柄を取引するのか?を明確にした上で業者選定するのが良いと思います。

>FXGTは「ブローカー向け損害賠償責任保険」に加入しています。

FXGTは「ブローカー向け損害賠償責任保険」に加入しています。

FXGTは、最大1,000,000ユーロ(1億1600万円)を補償するFXブローカー向け賠償責任保険に加入しています。海外FXに不安を抱いている方でも安心して利用できるような取引環境がFXGTの魅力です。


【現在開催中のキャンペーン】
・初回入金80%&2回目入金50%ボーナス
・4銘柄キャッシュバックボーナス